のんびりと
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
今日は10月11日
連日「復活」に はまりすぎて、声をかけられるまですっかり忘れてました。
私の誕生日を・・・笑

まあ、もうおめでとう〜という年齢でもなく、
通過点のような感覚なのですが。
先日母から電話がかかってきて、AKOは今年何歳になるの?と聞かれたとき、
素で「37歳」と答えるくらいなので・・・(;^_^ A  
えっと36歳になりました(笑)。

早々と

20081014101323.jpg

頂いておりました。 
いつも旬なプレゼントをたくさん、本当にありがとう。(*^^*)
愛しのコンユカレンダー、我が家のリビングでは清原ポスターと横並びで夢の共演を果たしております(笑)

10月11日。午前中は子供達の習い事。
友達からのおめでとうメールの合間に、
今年も律儀に「天下一品」からもおめでとうメールが届く(笑)。

午後から
息子と旦那は、日ハム対オリックスのクライマックスシリーズへ

20081011123032.jpg

↑今年ようやく最後になりそうな(笑)、即席の観戦弁当

私と娘は、万博公園でやっていた「ロハスフェスタ」へ。

心配していた通り、千里中央のモノレール乗り場が分からず、
迷いながら歩き回る・・・
迷っている途中で、昔息子と通ったリトミック教室の前に出てしまい、
「わあ懐かしい」としばし思い出に浸る・・・
セルシーの広場に出ると、
「前にここで羞恥心がミニライブしてんて」
と、娘に話す。 
目の前では渋い叔父様のライブ。
(有名な方かもわからないのに、存じ上げずすみません・・・)
娘は、その叔父様を脳内で羞恥心に変換して、「へえーー」と目を輝かせる(笑)

結局かなりの時間ロスタイム。( ̄ー ̄; ヒヤリ 時間ないのに

そしてやっとこさ到着。
ほんま、行ってよかったぁ〜〜〜!!!
お昼ごはん食べずにいけばよかったなあ。食べるところもたくさんありました。
滋賀の工房直売の和食器数点と、ストールを一つ、
買い物に付き合ってくれたお礼に娘にはクマのぬいぐるみを買いました。

その後公園の遊具で遊び、
誕生日だしスワンボートにも乗っちゃう?と2人で話していたのですが、
最初のロスタイムが響いてしまい、タイムアウト。閉園時間。(T_T)
娘には「なつかし、なつかし、言ってる場合ちゃうかったやん」
と、しっかりダメ出しされましたが。(;^_^ A

マクドでハンバーガーを食べて帰宅したら、
観戦から帰宅した旦那と息子が、ケーキを買ってきてくれていました。

そんなこんなで誕生日が終わろうとしましたが・・・

夜、慌ててコンユファンクラブ入会手続きをしました。
(あまり意味は無いが、誕生日に入会しようと決めててん、笑)

私もユキちゃん同様、人生初の ファンクラブ 入会 (≧∇≦)

ファンクラブ手続きを完了して、
私の誕生日も完了しました。 (¬ー¬) ふふふ
おでかけ comments(2) -
余韻・・・
昨日、あれからしばらくして娘を叩き起こし(放っておいたら朝まで寝ていたと思う)、
大急ぎで球場に着いたら、もう5回裏でした(汗)
球場外には、入りたくても入れなかったファンがチラホラ。
球場の中も、普段のオリックス戦では考えられないほどの人で溢れかえってました。

プロ野球大ファンの旦那の影響(?)で、
今年は京セラドームでのオールスターにも行ったのですが、
同じ満員でも、何か、明らかに雰囲気が違う球場でした。

到着後しばらくして、清原 二塁打!! グッドタイミングーーー!!!

20081001194754.jpg

(携帯画像により、粗いことをお許しください)

食べていたお弁当を下に下ろし、
家から持ってきた「NEVER SAY NEVERや!」
の清原ポスターを、清原に見えるように高々とあげ、大興奮。
「見えへん!!!!」と後ろの人に一喝され、
ショボーンとポスターを下に下ろすも(そりゃ迷惑や、汗)、
やっぱりこの男には華があるなどと、心の中でつぶやく。

試合はオリックスの勝ちで終了。よかった♪
清原最後の打席は三振だった。
最後の打席は、オリックスナインもベンチで総立ちになり、
その瞬間を見守っていた。
豪快な空振りも彼らしい終わり方な気がした。(私が語るなって?)

チームの最終戦セレモニーが終わったあと、場内のライトが消え、
いよいよ清原の引退セレモニー。

清原のヒストリーを映像で紹介。 もうここで私は号泣。
そして長淵剛のとんぼ、かおりんに茶化されていたことが本当になった(笑)
泣きながら、大声で歌ったよ〜〜 (T_T)
会場が一体になり、最後は何度もアカペラで歌う。
清原も男泣きしていた。
私はタオルが手放せなかった。
長淵剛の歌が終わり、彼が退場する時、
お付の人?にポーンとギターを投げた。
剛、かっこいいーーーー (ちょっと違うポイントでも感動)

清原の言葉。
各球団でのファンへの感謝の言葉。
オリックスファンには、力が出せず申し訳なかったと詫びるところも
彼らしいと思った。
仰木監督のことを語るときには言葉が詰まっていた。
仰木監督死後、清原をオリックスに招いた時のドキュメントを昔見て号泣したことのある私は、もうこの辺りでは嗚咽していた。
五歳の娘も、泣いている清原を見て泣いていた。
(嗚咽している母が怖かったわけではない)

そしてファンと最後のお別れ。場内一周。

20081001212744.jpg

センター奥深いところに、「私たちはあなたを忘れない」と垂れ幕。
一周している最中に清原はこれに気付き、また泣いていた。

そしてついに私の目の前に清原が!
前から3列目だったのですが、前にいた人が違うところに移動していたので、
本当に目の前に清原が・・・・興奮しすぎてビデオカメラは乱れ(笑)、
必死な思いで、思わず
「清原、ありがとーーーーーー」
と、通り過ぎた彼の後姿に叫ぶ。

20081001212908.jpg

↑叫んだ後(笑)

胴上げの後は、息子君たちがパパに花束を。
息子君、泣いていたらしいね・・・ ええ子やぁ。(ノ_<。)
最後は息子2人を両腕に抱き、花道を退場していった。
偉大なる現役スターから、普通のお父さんになるんだね。
本当に23年間、お疲れ様でした。

*************

そして今朝。旦那はスポーツ新聞全社分買ったらしい。
彼のことだから永久保存版にするんだろう。
日ごろクールな旦那が、唯一熱くなったものが「清原」だった。
今年は清原引退年になるかも?と予想していた彼は、
足繁く、球場に通った。
旦那は清原が死ぬまで、ファンであり続けると思う。

そして、今朝。
昨夜の余韻に浸ったままの私。
娘を幼稚園に送っている自転車でも、
頭の中はグルグル清原のことを考えていた。

昨日球場へ行く前の私は一体なんだったのか・・・
余韻に浸りすぎ? ( ̄ー ̄; ヒヤリ
おでかけ comments(0) -
<< | 2/2 |